読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りょうちんのシンプル思考日記

投資・ビジネス・テクノロジー・スポーツなどについて、日々のインプットをシンプルにアウトプットすることを目指すブログ

インドのネット通販

2016/2/24の日経新聞の記事に「インドのネット通販最大手、フリップカート踊り場に、宅配の質上がらず、「ナンバー3」辞任、成長力に揺らぎ」という記事があった。

 

インドのインターネット通販市場で4割強のシェアを持つ最大手フリップカートが成長の踊り場に差し掛かった。顧客に商品を送り届ける宅配の質が上がらず、顧客離れが見られるなど、急成長のひずみが広がる。1月以降、最高経営責任者(CEO)が交代するなど立て直しに向けた体制強化に動くが、米アマゾン・ドット・コムなどライバルとの競争が激しい。首位の座は盤石ではない。・・・・・・

 今のインドのEC市場は、

・1位 フリップカート・・・シェア4割強

・2位 スナップディール・・・シェア3割強、ソフトバンクが3割出資

・3位 アマゾン・・・シェア2割弱

という状況らしい。

記事によると、フリップカートは「13年後半に約1000万人だった利用者は足元では4600万人に急増」しているらしい。

4600万人で4割だから、インドでは1億1500万人くらいはECサイトを利用しているようだ。日本人の人口に匹敵する人数はECを利用している。

10億人以上いる国なわけだから伸び代もすごいだろう。

インフラの整備など課題は山積みだけど、伸びるのは確実だ。

で、最後に勝つのはどこだろうか?

他が死滅するわけではないだろうけど、

結局最後はアマゾンにもってかれる気がする。。。

 

☆☆ noteご紹介 ☆☆

DCF法でざっくり一株あたりの株主価値を把握するノート

※DCF法で一株あたりの株主価値を算出して株価と比較することで、割安・割高・フェアバリューかを判断できます。

note.mu

広告を非表示にする