りょうちんのシンプル思考日記

投資・ビジネス・テクノロジー・スポーツなどについて、日々のインプットをシンプルにアウトプットすることを目指すブログ

投資ファンドのキーストーン、中小再生ファンド

2016/3/16の日経新聞朝刊に

 国内投資ファンドのキーストーン・パートナース(東京・港)は5月にも中小企業向けの再生ファンドを組成する。100億円程度で始め、2017年4月までに300億円規模まで増やす。年率15%程度の運用利回りを見込み、、マイナス金利の導入で運用難に苦慮する地銀や企業年金の資金を取り込む。・・・・・主な対象は自己資本比率が低く、取引銀行からの円滑な融資が難しい中小企業だ。・・・・ファンドの収益は融資で得られる高い利息収入が柱になる。

 という記事があった。

 これって、中小企業に出資をするわけではなく、あくまで融資なのかな?

銀行が金を貸さないような企業に高利率(15%程度)で金を貸して儲けようということか。商工ローン的な。なんか以前倒産したSFCGを思い出した。うまくいくのかな〜。。。

 

☆☆ noteご紹介 ☆☆

DCF法でざっくり一株あたりの株主価値を把握するノート

※DCF法で一株あたりの株主価値を算出して株価と比較することで、割安・割高・フェアバリューかを判断できます。

note.mu

広告を非表示にする