読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りょうちんのシンプル思考日記

投資・ビジネス・テクノロジー・スポーツなどについて、日々のインプットをシンプルにアウトプットすることを目指すブログ

サイバーエージェントをDCF法でざっくりバリュエーション(第19期有価証券報告書まで)

投資 投資-note

f:id:pull-up:20170110170328p:plain

投稿したnoteの一部分。

note.mu

  ----------------------------------------------------------------------------------------

今回はサイバーエージェントをバリュエーションしてみます。2回目のバリュエーションになります。

●会社概要

有価証券報告書上では、メディア事業・ゲーム事業・インターネット広告事業・投資育成事業・その他事業の5つのセグメントで開示されています。

 

メディア事業・・・「AbemaTV」、「FRESH! 」、「Ameba」等。売上高は21, 934百万円(前年同期比6. 0%減)、営業損益は8, 301百万円の損失計上(前年同期間299百万円の損失計上)

ゲーム事業・・・㈱Cygames、㈱サムザップ、㈱ジークレスト、㈱アプリボット等。売上高は122, 638百万円(前年同期比40. 9%増)、営業損益は30, 451百万円の利益計上(前年同期比70. 3%増)

インターネット広告事業・・・インターネット広告事業本部、㈱CyberZ等。売上高は170, 473百万円(前年同期比19. 3%増)、営業損益は14, 528百万円の利益計上(前年同期比26. 1%増)

投資育成事業・・・コーポレートベンチャーキャピタル、㈱サイバーエージェントベンチャーズにおけるファンド運営等。売上高は1, 748百万円(前年同期比75. 8%減)、営業損益は384百万円の利益計上(前年同期比92. 3%減)

その他事業・・・㈱シーエー・モバイル、㈱CA Tech Ki ds等。、売上高は16, 951百万円(前年同期比0. 9%増)、営業損益は1, 761百万円の利益計上(前年同期比550. 7%増)

現状は、前回のnoteでも書いた通り、広告とゲームの会社という状態です。もっと言えば、営業利益が367億円ですが、そのうちゲーム事業で304億円を稼いでおり、営業利益の82.8%がゲーム事業から生まれているので、ゲームの会社と言っても良いかもしれません。

ちなみに、決算説明会資料では3つに分けて説明していました。

一番上にメディア事業を載せている当たり、メディア事業を一番手に持っていきたい意思表示なのかもしれません。とにかくAbemaTVに力を入れていくようです。ゲーム事業で稼いだ金で、今のうちに次のキャッシュカウ事業を作っておきたい所ですね。ただ、ゲーム事業もまだまだ力を入れているようでした。

決算説明会資料に各社の状況が開示されていましたが、サイバーエージェントは着実にゲーム事業が伸びているみたいです。モンストやパズドラ一本ではなくて、複数の人気タイトルを抱えているようです。来季も継続的にリリースしていく予定らしいです。

 

投資が先行しているAbemaTVですが、来季は追加で200億円を投資するようです。コンテンツの準備で140億円使用する予定のようですね。その他で24億円使うみたいですが、一体何なのでしょうか?

マネタイズ方法は、メディアということで、CMによる広告収入ですね。また課金収入もあるみたいです。オンデマンドには広告は付いていないのでしょうか?サブスクリプション型が上手くいかなかったら、全て無料にして広告を付けるパターンに変更する気がします。

とりあえず会社の方向性としては、広告とゲームで稼ぎながらメディアを新しい柱にする、ということのようで、これから数年がまず勝負でしょうか?かなりお金を突っ込むわけで、引くに引けないような感じもしますが、多分撤退の基準は設けていて、ダメならそこで止めるのでしょう。どうなるのかは、まだ誰にもわからないですね!!ちなみに手元の現金は500億円以上あり、仮に全部すっても会社が傾くことはないでしょう。

続きはnoteで。

note.mu

広告を非表示にする