りょうちんのシンプル思考日記

投資・ビジネス・テクノロジー・スポーツなどについて、日々のインプットをシンプルにアウトプットすることを目指すブログ

編み機メーカーの島精機製作所がユニクロのニットを作る件

日軽産業新聞によると、ユニクロを運営するファーストリテイリングと、編み機メーカーの島精機製作所が共同出資会社を設立したらしい。

縫い目がなく着心地の良いニット商品を開発、生産する。出資を通じて先端技術を取り込み、課題と指摘される革新的な商品の開発につなげる。開発した商品や生産手法は海外の取引先工場にも移植し、マザー工場としての役割も担わせる。

島精機製作所にとっては、物凄く大きい話だろうな。2016年3月期の連結売上高は、500億円弱の企業のようだ。ファーストリテイリングが売るニットの全てで使用されれば、島精機製作所の懐が温かくなる。ヒートテックの素材を提供している東レは、ファーストリテイリングと1兆円の契約を結んで懐を温めた。

ファストリが国内生産で共同出資会社をつくるのは初めてとなる。
 島精機が昨年12月に設立したイノベーションファクトリー(和歌山市)に2億円弱を出資する。出資比率は島精機が51%で、残りをファストリが持つ。
 ファストリは人員を派遣しない。ユニクロを中心に、ファストリグループのニット商品を生産する。 

 東レとは業務提携だけで、特に資本関係はないようだ。なぜ今回は、資本提携まで含めたのかな?ただの業務提携にすれば良かったような気もするけど、うまくいきそうだったら、丸々会社を買うことを考えているのだろうか?

とにかく、うまく行ったらお互いの企業にとって、とても意義のある契約だな。

 

☆☆ noteご紹介 ☆☆

DCF法でざっくり一株あたりの株主価値を把握するノート

※DCF法で一株あたりの株主価値を算出して株価と比較することで、割安・割高・フェアバリューかを判断できます。

note.mu

広告を非表示にする