読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りょうちんのシンプル思考日記

投資・ビジネス・テクノロジー・スポーツなどについて、日々のインプットをシンプルにアウトプットすることを目指すブログ

M&Aについての記事

2015/12/30の日経新聞の記事に日本電産会長兼社長永守重信氏のM&Aについてのコメントがあった。

 

「日本企業のM&Aがある度に収益性を分析している。15年は数は多いが、いい買い物が少なかった感じだ。純資産に上乗せして払うのれんが買収額の大半を占めるほど高い製造業の例もあった。どうやって利益を出すのか首をかしげる」

 

 「業界での横並びを狙う海外企業買収も目立った。サラリーマン経営者にありがちだが『1社がM&Aをするとシェアの順位が変わるから、うちもやろう』と無理やり踏み切る。今は問題なくても、景気が悪化した時に巨額の減損損失に苦しむことになる」

 

永守氏からしたら滑稽に見えるだろうな〜

特にNTTドコモ。。。

 

「国内が面白い。電機やIT(情報技術)業界の再編が起きつつあり、チャンスだ」

⇒2016年は東芝とかシャープのどこかの部門を狙っているのかな。。。

 

M&Aの手法については、

日本電産の永守氏は、経営はダメだけど技術があり立て直せる見込みがある企業を買う

ソフトバンクの孫氏は、儲かりそうな業界に張っている企業で買えそうな所を買う

バークシャー・ハサウェイウォーレン・バフェットは、現状うまくいっていて今後もうまくいきそうな企業をタイミング良く買う

という感じかな。ウォーレン・バフェットが一番気分的に楽だろうな。

 

ああ、そうだ。

・サラリーマン経営者が投資銀行からの提案で買う。

という手法を忘れていたw

 

☆☆ noteご紹介 ☆☆

DCF法でざっくり一株あたりの株主価値を把握するノート

※DCF法で一株あたりの株主価値を算出して株価と比較することで、割安・割高・フェアバリューかを判断できます。

note.mu

広告を非表示にする